足取り 軽く

少し前を歩く彼女の髪は肩の上で揺れています。

数日前にバッサリ切った髪。

彼女の気持ちを表すように、楽しげに揺れます。

春の陽気のなか、歩いて小学校隣の学童へ。

その足取りは軽く、私をすぐに追い抜きます。

手を引き、そのスピードに合わせてゆっくり歩いていたあの日。

もうあの小さな女の子はいませんでした。

いつの間に背中を追うようになったのだろう。

振り向いて、「早く!早く!」

その笑顔もすっかりおねえさん。

来週には小学生になります。

—–

年少さんから始めた絵日記も7冊目に入り、ついに最終回を迎えました。

今日のことだって、絵にして伝えたい。

なのに、見てくれる先生はもういない。

一番淋しい気持ちなのは、私自身かもしれません。

物語は続くから。

これからものんびり描いていこうと思います。