わたしは主役


「ホントはおしゃれぎつねがよかったなぁ」

「オレンジだったけど、ピンクはとられちゃったの」

背の順は真ん中より少し前。

プールは苦手。

鉄棒も縄跳びも怖くてなかなか進まない。

これといって目立つところはない彼女。

お遊戯もいつもやりたい役はまわってきませんでした。

それでも、与えられたものを誰よりも真面目にこなしてきました。

そして。

ついに最後の発表会。

なんと主役を射止めたのです。

幕が上がると最初に出てきたのはちびpoeちゃんひとり。

少し声を震わせながら、全身で演じます。

その姿はとても堂々としていて。

感動が湧き上がってきます。

  

すべてがうまくこなせる訳ではないけれど。

できることをコツコツやる姿勢。

それはこうして身を結び、彼女をとびきり輝かせる。

眩しいなぁ。

また少し大きくなった彼女がそこにいました。