夜はひとりで

そうっと寝室のドアを開ける。

真っ暗な中で目をこらすと、小さく丸まる寝姿が見える。

読みかけの絵本はきちんと閉じて、灯りを消したようだ。

小さな寝息が規則正しく聞こえる。

   

「ひとりで おふろにはいる!」

突然の宣言から、寝るまでの時間に変化がおとずれました。

怖いのかお風呂場のドアは少し空いていて、シャカシャカザブーンと音が聞こえます。

耳をすませながら、夜の家事をこなせるひととき。

昨夜はひたすらボーッとしてみました。

お風呂上がりに長くのびた髪を乾かしてあげると、絵本を持って寝室へ。

読書灯をつけて絵本を読み始めます。

「なるべく はやくきてね」

一言さらっと告げて、意識はもう絵本の世界へ。

   

ご飯を食べさせ、お風呂に入れて、眠るまで寄り添う日々。

そのために時間を工夫したり、やりたいことに目をつむったり。

長く続いた夜のひとときが終わろうとしています。

自分の部屋で寝ると言う日もそう遠くないはず。

何かが終わってしまうようで、少し寂しくなりました。

代わりに、朝はぎゅっと抱きしめて。