おねえさんになっちゃった

  
「あれ?」

それはいつもの歯磨きタイム。

仕上げ磨きをしていたら、グラグラしていた下の前歯の奥に何かある。

よく見ると、大人の歯が顔を出していました。

あれあれ?抜けたら出てくるはずでは?

先輩ママに聞くと、経過を見てみましょうって言われるよ、とのこと。

念のため、と歯医者さんに行きました。

「これはダメだ。抜きましょう。」

え!え!このとっても臆病な子の歯を抜くんですか!

顔は笑顔のまま、私の心の中はパニックです。

怖がらせないでできるかしら。

心配をよそに、レントゲン室も1人で行き、そつなくこなし、

ベッドに横になれば目をつむって口を開けます。

先生も素晴らしい演技力。

いろんな魔法のおかげで、サクッと2本抜けてしまいました。

ついさっきまで、まさか歯が抜けたちびpoeちゃんに会うなんて思わなかった!

ドキドキの私の横で、彼女はニヤニヤ、何度も鏡を見ています。

「おねえさんになっちゃった」

知らないうちに、この子は臆病な子を卒業してしまったのかもしれない。

嬉しいような淋しいような。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>