あきらめないで

  
寒い間、ずっとお留守番だった自転車とストライダー。

自転車はとうに小さくなって、ハンドルに漕いだ膝が当たりそう。

「いらないの!」

補助輪のない自転車は怖くて、なかなか新しいのを欲しがりません。

久しぶりの暖かい日。

「自転車に乗ってみようかな」

さすがに小さいので、お下がりのストライダーに挑戦。

グラグラするし、やっぱり小さくてお尻も膝も痛い。

むくれた顔でしばらく乗ると、

突然

「あきらーめーなーいでー」

何度も何度も大熱唱。

ええと、どこかで聴いたような。

岡村孝子!

あなたの夢をー

あきらーめーなーいでー

なんて今のキミにぴったりなんだ!

しかも昭和テイスト!

嫌なことをユーモアに変えるのはパパ譲り。

私も見習いたいな。

ユーモアって余裕があるってことだものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>