新しい朝 いつもの朝

夢と現実の境目で聴こえる目覚ましの音。

朝だ…いよいよ新しい1年が始まる。

ぬくぬくのお布団の中でぼんやり思う。

顔はひんやり冷たい。

長野の朝はずっと寒い。

少しして、暖房の音。

寒くないようにと動いてくれる夫。

隣を見れば、見慣れた小さな寝顔。

目をつむったまま、出ていた手を引っ込める。

優しい夫と可愛い娘。

どこにでもある光景だろうけれど、ここにいられる私はとても幸せだと思う。

なんて素晴らしい朝!

毎日迎えられますように。

さて起きますか。

  

お年玉をあげる側になりました。

喜んでくれるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>