ひとつひとつできるにつれて

  
カウンターごしに小さな頭がちょこんと出ています。

私はソファに腰掛けて、見ているのを気づかれないようにチラチラ。

パブロンのCMを見た途端、小さなマイチェアを抱えてキッチンへ。

「きょうはぜんぶあらうから、ママはやすんでて」

真剣な眼差しで、キュッキュッキュ。

立派に洗い上げました。

その健気さに、ママは泣きそうになりましたよ。

その前日。

遊びに夢中の彼女を買物へ誘っても、腰を上げません。

「じゃあお留守番してる?」

「うん、いっておいで」

寂しくないようにテレビをつけて、ソワソワしながら夫婦で買物へ。

30分は経ったでしょうか。

「ただいまー」

シーン。

眠そうだったから、寝ちゃったかな?

そっとリビングに向かうと、頬杖をついてEテレの科学番組に見入っていました。

心配して損した…

ひとつひとつ、できなかったことができるようになる。

嬉しいけれど、それは、ひとつひとつ、親から手を離れていくことでもある。

いつまでこうしていられるかしら。

季節も手伝って、ちょっとセンチメンタルなひととき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>