続けるということ

  
時には、何を描こう…と鉛筆が止まるときもあります。

描くとは言ったものの、続くかしら。

日記も家計簿も最初の何ページかで、あとは真っ白。

続けることがとにかく苦手な私にできるかしら。

そこに「読者」がいる。

目の前の小さな読者は、時折背中を丸めて読み返しひとりごちます。

園にいる読者たちは段々と増え、これを機会に話しかけられることも増えました。

誰かが見てくれる。

それはとても励みになります。

そして。

ずっと先に待つ、大きくなった娘。

彼女にも何かが伝わるように。

ささやかな日々を書き記す毎日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>