おんなじお顔で

  

 

それは生まれて次の日。

入院先のベッドに腰かけ、隣の小さなベッドに眠る娘をスケッチしたときのこと。

「あれ?Tさん(夫)?」 
生まれたてのシワシワのお顔だけど、確実にパパ似だと気づいた瞬間を今でも鮮明に覚えています。

あれからもうすぐ5年。

すっかり顔つきは変わったけれど、相変わらずソックリだとまわりは笑います。

 —

間に合わない!と慌てた朝。

気分は沈んでいました。

先に車に乗っていてもらい、戸締まりをして、慌てて乗り込みます。

後部座席は静か。

出発できるかな?と振り向くと。

笑顔の二人が…なんか逆!

夫の眼鏡をかけると、それはそれは同じお顔になるちびpoeちゃん。

思わず吹き出しました。

沈んだ私の心を励ますための粋な計らい。

二人の優しさで、気持ちはするするほぐれます。

さあ出発。

運転しながら、うれし涙をぐっとこらえた朝でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>