野原をかけまわる

  
どんよりとした雲が晴れて、差し込んだ日差し。

待ってました!かのように、子どもたちは駆け出します。

秋雨をたっぷり含んだ野原は、腰の高さまで草が伸びています。

かくれんぼ!と言って、草むらに潜り込む子どもたち。

わーっ!と草をかけわけ進む姿は、まるで昔観た映画のようでした。

今しかない時。

存分に味わってます。

そのあと、掃除したり靴下を洗ったり。

親になって初めて、「その後」の煩わしさを知るのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>