夏の終わりを惜しむように

  
ジリジリと灼けるような西日の下、浴衣を着て祭り会場へ。

流れる汗と土埃がたつほどの乾いたグラウンド。

ベトベトになりながら頬張る綿アメ。

ようやく日が暮れて汗が引いた頃、バーベキューで盛り上がる庭先から、大きな花火がドーン、ドーン。

これぞ夏。

夜更かしした眠い目をこすりながら、翌日は、プロのバレエ公演を観に有楽町へ。

セリフは一切なく、あるのは生のオーケストラ演奏。

そのなかで、全身で、指先で、情緒豊かに表現される踊り。

身構えたり、うっとりしたり。

小さな瞳は真剣です。

今コツコツやっていることが、やがてはこうした表現豊かな踊りにつながること。

少しでも感じていてくれたら。

その晩のベッドでは、興奮しておしゃべりしたかと思うと、突然寝息が聞こえてきました。

まるでスイッチを切ったかのように。

夢ではきっと未来のバレリーナ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>