大きくなあれ

  

まだまだ明るい。

ピアノのレッスンを終え、外に出ても公園では笑い声が聞こえてきます。

そうだ、今日は夏至だ。

広い公園は芝生やクローバーが緑の絨毯のように広がっています。

あ!バッタさん!

あ!カエルさん!

ここで小さな頃から泥んこになって遊んだ娘は、追いかけていき、平気でつかみます。

昔は力が強すぎて、生き物が息絶えてしまったけれど…

みんな命があって、帰る家があるんだよ、優しくしてね。

その言葉に一瞬止まり、噛みしめるようにして、「じゃあまたね」ができました。

みんなみんな、大きくなあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>